費用を覚える

一般的な住宅におけるリフォームで外壁塗装を行う場合、費用の傾向として言えるのは外壁塗装に用いる塗料の耐久性に大きく左右されるということです。 外壁塗装に用いる塗料として、通常使われることが多いのはシリコン樹脂塗料とウレタン樹脂塗料です。これらはどちらも耐久年数が10年ほどあり、値段もそれほど高くは無いのでリフォーム工事でもよく用いられます。 値段の安さだけで言えばアクリル樹脂塗料もありますが、こちらは耐久年数が5年ほどしかないために頻繁な塗り替えを必要としてあまり外壁塗装には用いません。 現在広く使用されている外壁用塗料の中で、もっとも耐久性が高いのはフッ素樹脂塗料です。耐久年数は20年近くある製品もある一方、高額です。

建築物における外壁塗装の目的とは外壁を雨や風による風化や腐食から守ることであり、ひいては建物そのものを守るという事です。 世界的に見て建築物に外壁塗装を施す行為は、世界中色々な文化で行われてきました。目的もいくつかあり先述したように外壁を保護する目的もあれば、魔よけとか呪術的な意味合いで塗装する場合もあります。 呪術的な意味合いが強い塗装として世界各地に普遍的に見られるものに、外壁や戸口なども赤色に染めることがあります。 赤色は血の色であり、生命の根源的な力の象徴であるという思想が文化は異なっても世界中の文化に共通に存在しています。 赤色には魔よけの効果があるとされて、特に東アジアでは赤色に染められた建築物が多く存在します。 日本でも赤色は魔よけの色として古くから用いられており、寺や神社の一部には現在でも柱などが赤色(朱色)に染められた姿を目にできます。